かつて少年、少女だったあなたへ。

現実世界の自分は、剣も魔法も使えないけど、
人生の困難に立ち向かう唯一の武器は、
勇気と覚悟だということを、幾多の物語は教えてくれた。

あの世界でも、この世界でも、心の底から強く願い、
夢見る気持ちこそが、人生を変え、
世界を変える力になる、
ということを、幾多の主人公たちから学んだ。

忘れてやしないか。
冒険、憧れ、不思議、そして勇気・・・。
今もなお、その胸に宿る衝動はウソじゃないはずだ。

そう、ファンタジーは決してウソではない。

この誇り高き、日本のファンタジー文化とその精神を、
互いに称賛し合い、社会を変える力にしていくために、
今こそ、我々は立ち上がることにした。

さあ、冒険の続きをはじめるために、
今こそ、あなただけの"復活の呪文を唱えよう!"

ようこそ、ファンタジー大学へ!

「糸曽賢志のファンタジーユニバ!」開講

映像監督・糸曽賢志が、文化放送 超!A&G+にて、架空の大学「ファンタジー大学」を舞台に講義するラジオ番組「糸曽賢志のファンタジーユニバ!」開始
10 月 1 日(火)より、毎週火曜日 16 時 30 分~17 時 00 放送

糸曽賢志のファンタジーユニバ!

この番組は、架空の大学「ファンタジー大学」を舞台に、糸曽賢志が学部長を務め、各界のクリエイターおよび達人やマニア、ときには経営者などをゲストに招き、アニメ・マンガ・ゲームなどを話題の中心に、多くの人の心の底に潜む「夢や冒険や憧れ」といった「ファンタジー」の源泉を語り合う番組です。
糸曽賢志自身、大阪成蹊大学芸術学部・学部長を務めていることや、また映像監督、アニメ監督であることを生かし、多彩なゲストを招きながら、「ファンタジー」をときにはアカデミックに、ときにはサブカル的に、ときにはエンタメ的に、さまざまな切り口で語り尽くします。
リスナーの皆さんには、生徒役として、ちょっぴり役に立つ「ファンタジーな教養」をお届けします。

日本ファンタジー大学とは

大人になると、夢見る気持ちを忘れてしまう。
果たして、本当にそうだろうか。

たとえば、ビジネスシーンにおいても、
新しい挑戦や困難に立ち向かうとき、
それらを試練と捉えて、
心の中では一握の覚悟と共に剣をかざしている。

つまり知らず知らず、
私たちはファンタジーを生きている。

今こそ、かつて私たちを熱くさせた、
さまざまな物語を、存分に語り尽くそう。

人生を切り拓く糧として、ふたたび、
古今東西、あらゆる作品を学び直そう。

時折、大人買いと揶揄されるが、
ファンタジーは大人のたしなみであり、
人生を豊かにする教養である。

日本ファンタジー大学は、
人生にはファンタジーが必要だと、
改めて気がついた大人たちがはじめた、
愛と夢と冒険を語り合う
遊び場であり、学び場でありたい。

日本ファンタジー大学 理事長
波房克典